e-MACSのフランチャイズ加盟でやりがいある独立開業をスタート

背広の人

準備の流れ

ウェイトレス

最低限必要な準備や対策

カフェを開業する場合は、順序を正しく進んでいく必要があります。それなりに資金を用意すれば開業できるわけでもないので、開業に必要な知識や行動が求められます。はじめに、カフェは飲食店ですが必ずしも調理師免許が必要ではありません。しかし、食品衛生責任者という届け出が必要です。これは講習を受ければ取得ができ、1日で終わります。飲食店には必ず1人はこれを受けていなければいけないので、忘れてはいけない部分です。そして、従業員が30人以上いるカフェであれば、防火管理者の責任も求められます。これも講習を受ければ責任者としての立場が認められます。次に、カフェに必要な物件や設備、そしてメニュー用品や制服などを用意していきます。これらを一式そろえるには大きな費用がかかってしまうため、店舗物件を借りたり、メニューを手作りしてみる方法もあります。初期費用をできるだけ抑えていくようにすれば、経営の負担が軽減できるようになります。物件や設備がそろえば、カフェで働く人材を募集します。開業時の人材募集は多くの人数が必要となるので、開業までにその人数をそろえなくてはいけません。広告を使って募集を行い、面接も随時行っていくようにします。それから採用した人材を開業に備えて教育を行い、飲料や調理の仕方、そして接客についても指導を行います。開業から仕事がスムーズにいかなければ混乱を招いてしまう恐れもあるため、臨機応変な行動を求めていく必要があります。接客についてもカフェの評判に関わってくることから、見逃せない教育となります。開業にはこのような流れをふんでいき、開業以降に慌てないように見落としのない準備が欠かせなくなります。時間に余裕をもって、計画的に開業への準備を進めていくようにしましょう。