e-MACSのフランチャイズ加盟でやりがいある独立開業をスタート

背広の人

売上金の管理方法

レジ

導入効果は運用次第

コンビニやレストランなど大勢の客で賑わう場所では、精算を効率化するためにレジが設置されています。商品の個数と金額を打ち込むことで代金が計算できる仕組みです。テンキーで数字を打ち込むだけでなく、スキャナで商品バーコードを読み取る、タッチパネルで入力する方式があります。どの方式が適しているかは業種や企業規模により異なるので、導入に当たっては実物のレジに触れて確かめることが重要となります。レジにより機械化された計算は、正確で間違いの起こらないように思われます。しかし注意しておくべき点もあります。それはレジに記録された売上金額と、手元の現金残高が一致しているかどうかです。人の手を介した現金授受では釣銭の受け渡し間違いが発生することがあるのです。レジ担当者が入れ替わるタイミングで点検を行い、過不足金がないかチェックすることが必要です。最低でも一日一回、閉店後か翌日には行うべき作業です。近年では小型の自動釣銭機も開発されており、レジと連動させることで釣銭間違いは限りなくゼロに近くなります。また、レジには売上を加算する機能だけでなく減算する機能も備わっています。打ち間違いの訂正や返品に対応するためです。ところがこの機能が悪用されると、レジ担当者が勝手に返品処理をして、浮いたお金をポケットに入れてしまうのです。返品操作は店長および副店長のような責任者にしかできないような運用にしておくことも検討しましょう。