e-MACSのフランチャイズ加盟でやりがいある独立開業をスタート

男の人

売上金の管理方法

レジの導入は精算作業の効率化に役立っています。ところが運用方法を定めておかないと、不正な操作で現金を抜き取られてしまう可能性もあります。機械化したことを過信せず、慎重な現金授受に努めるようにしましょう。

メンズ

資金補助を受けよう

大阪で開業するときは、国や自治体で行っている開業支援制度を活用すると良いです。事業計画をしっかりと立てて、各制度の要件を満たしていれば申請可能です。補助金は審査が厳しいですが、助成金は大抵の方が受給できるでしょう。

安心のサポート

作業員

最近需要が伸びているハウスクリーニング業界での独立開業を目指すためには、幾つかの方法があります。ハウスクリーニングスタッフとして実際に現場で経験を積んで独立する場合もあれば、フランチャイズに加盟して開業するケースもあります。前者は、キャリアを築く時間が必要ですし、開業にむけて自己資金を準備することが求められます。ノウハウなどは働きながら学んでいるでしょうが、経営に関するスキルも磨く必要があります。また一緒に働くスタッフを確保することも重要です。さまざまな準備を計画的に進めていくことが大事になります。

一方、後者のフランチャイズに加盟する場合は、イニシャルコストを安く抑えられる点と、経験の有無を問われない点で、敷居が低い方法となります。異業種からでもチャレンジできるため、多くの人に門が開かれているといえるでしょう。例えば、人気のフランチャイズであるe-MACSでは、初期費用がわずか75万円だといいます。しかも、e-MACSは研修期間が6日間あり、終了後も無料で研修を受けられるというサポート体制があります。未経験でも短期間で運営していくことができるのです。

e-MACSはもともとは洗剤メーカーなので、ハウスクリーニング業としても信頼性が高いと評判です。扱っている洗剤の品質がよいため、顧客獲得もスムーズです。また顧客から感謝をされる機会も多いため、やりがいを見いだせる仕事内容だといえるでしょう。フランチャイズ契約を検討するときには、e-MACSのような安定経営を目指せるような会社を選ぶようにすることが大切になるといえます。

ウェイトレス

準備の流れ

カフェを開業するには、物件や人材確保の準備をしていく必要があります。カフェは飲食店となるので、この場合は最低限必要な届け出をしなければいけません。そして、人材も募集を行うだけでなく、開業に備えた教育が欠かせなくなるので、余裕をもって行うようにします。